知って得する工事保険のこんな補償

知らないと損をする!?工事保険にはこんな補償もあります!!


工事中の事故をワイドに補償
(治療費用補償)
ビル建設現場に夜間に子供が入り込んでケガをした。
法律上の責任はなかったが、道義的責任からその治療費用を支払った。
(工事履行遅滞損害賠償責任補償)
建物建設現場において通行人に死傷者を出す事故を発生させてしまい、しばらく作業が停止してしまった。
その結果、建物の引き渡しが10日間遅延してしまい、請負契約書に定める履行遅延に関する規定に基づき発注者に支払いしなければならない費用が発生した。
 
工事完成後(引渡し後)のリコール費用も補償
住宅壁紙張替の内装工事引渡し後に、使用した接着剤の材質が悪く突然壁紙が剥がれ落ちて近くにいた乳児にケガをさせてしまった。
同様の事故を防ぐために、同じ接着剤を使用した別の内装工事の壁紙張替をやり直す費用が発生した。
ビル新築工事の完成引渡し後に、強化ガラスに欠陥があり破損して通行人にケガをさせてしまった。
このビルを含めて同じガラスを使用した他の建物すべてのガラスを欠陥のないガラスに交換するする費用が発生した。
 
建設用のリース・レンタル工作車も補償(工事中の事故のみ)
リースで使用していたブルドーザーを運転中に誤って横転させてしまい、破損してしまった。 レンタルで使用していたショベルカーを夜間に盗まれてしまった。
*記名被保険者のみが対象となります。
 
リース・レンタルの建設用機械・器具・工具も補償(工事中の事故のみ)
工事現場の資材置場に保管中のレンタルの発電機を盗まれてしまった。 リースで使用中のコンプレッサに誤って車両を激突させ、破損してしまった。
*記名被保険者のみが対象となります。
 
地盤崩壊に備えた補償(工事中の事故のみ)
住宅建設工事において水道管工事を行っていたところ、地盤が崩れて隣家の塀が傾いてしまった。

工事に伴って地下水が急激に減少したために、隣接する土地で地盤沈下が発生した。
*シールド工法によらない場合には、掘削予定地域の外周線より掘削深度を水平に置き換えた距離内で生じた財物の損壊はお支払いの対象となりません。シールド工法による場合には、掘削予定地域内またはその上下の地域内で生じた財物損壊はお支払いの対象となりません。
 
 
お問合せ案内